天皇杯準優勝

 12月9日にJ1ベガルタ仙台は埼玉スタジアム2002で浦和レッズと天皇杯決勝で対戦しました。

 結果は0-1で敗れ準優勝となりました。

 全体的に見て浦和の守備を崩せず押し切れなかったのが残念でした。

 準優勝はJリーグで1度したことがありました(2012年)。その時も思いましたが、やはり悔しいですね。

 あと一歩というところで逃したという感じだからでしょうか。それでも2位ですから喜ばしい事ではあるのですが素直に喜べないのが少々悲しいかな。

 ですが試合内容としては今季一番良かったのではないかなと思いましたし、現地で応援したサポーターもほぼ大アウェー状態でしたが声援では負けてなかったと思います。

 来季は弱点を克服してまたいつか頂点を狙えるよう頑張ってほしいと思います。

(追記)

 マイナビベガルタ仙台レディースは皇后杯3回戦勝利し準々決勝進出となりました。12月22日(土)に日テレベレーザと対戦です。こちらも頑張ってほしいです。 

この記事へのコメント

おやちゃん
2018年12月12日 10:40
あと1歩でしたが、準優勝も立派です
川崎フロンターレだってあと1歩の無冠を何度も経験したけど、今年は圧巻のJリーグ2連覇。
このあと一歩が、未来へつながるとイイですね☆
2018年12月18日 23:53
おやちゃん

そうですね。今年はルヴァンカップや天皇杯で若手選手が活躍してくれました。この経験を来季にぜひ生かしてほしいなと思います。

レディースは皇后杯残ってますが、相手が今季なでしこリーグ優勝の日テレなので勝つのは難しいかな~。でもホームでの開催なので頑張ってほしいと思います。

この記事へのトラックバック